視力回復術

レーシック(角膜屈折矯正手術)とは?

レーシックというのはレーザーを使って角膜を削ることで視力矯正をする方法です。
日本では1998年から導入されていて、現在では年間で数十万人が手術を受けるほどに定着しています。
レーシックで視力矯正をすると、メガネやコンタクトレンズとは違い何も道具が無くても一定以上の視力が出るようになります。
そのため、手入れの手間もありませんし、定期的に購入しなければいけないものもありませんから費用もかからなくなってきます。
レーシック手術の基本的な流れや手術前後のポイント、効果を維持する方法や手術を受けられる条件などがかいてあるサイトがありますので参考にしてください。

しかも裸眼で見えるようになるので視界がとても良好になります。
こうした利点があるため、レーシックの手術を選択するという方がとても増えているのです。
しかし、一方ではレーシックの手術による不具合を抱えてしまい、しかもそれが客観的な数値などで表すことができない内容のために具体的な治療の手立てが無く、レーシック難民と呼ばれる状態になってしまっているという方も多くいます。
こうしたレーシック難民の方の場合、その多くが過矯正といって視力矯正をし過ぎたために、ドライアイや頭痛・眼精疲労などの症状が出てしまっているということが考えられます。
視力は良くなればそれだけ良いというものではなく、自分に最適の視力にすることが最も大切なのです。

そのために必要なことは、適応検査の時に医師とよく相談することです。
この時に疑問や質問があれば同時に解決できるようにしておくことが良いですし、自分のライフスタイルなどをきちんと伝えて良いバランスが保てる視力にしてもらうということが必要なのです。
もしも訪れたクリニックでそうした話をしてもらえないという場合には、他のクリニックを探した方が良いかもしれません。
レーシックは裸眼と同じ状態でより良く見えるようになる視力矯正方法ですが、その良さを存分に活かすためには、自分に合った視力にしてもらうということが最も大切です。
そのためには、良いクリニック探しということもとても重要になってきます。
こちらに レーシック手術を実際に受けた人の体験談や、手術の方法とレーシック以外の視力回復方法などについてかいてあるサイトがありますので参考にしてください。


最適な視力
Copyright (C) 自分に合った視力の矯正法 All Rights Reserved.